胸のGスポットであるスペンス乳腺とは?

Gスポットといえば膣の中にある部分を思い起こす人が殆どでしょう。実は胸にもGスポットがあるのです。

「乳首を責められるのが大嫌いというデリヘル嬢がいる」の項目でも軽く触れていますが、スペンス乳腺尾部と言われる部分が胸のGスポット に当たります。

スペンス乳腺とは気を付けの姿勢の時に腕に当たる部分、胸の付け根ら辺のラインの事です。中でも脇の少し下で胸の外側、付け根の部分がスペンス乳腺尾部と呼ばれます。

脇の下なのでくすぐったいという事でやめてしまう人が殆どなんです。
だから女性自身もソコが性感帯だと知らずにいる人も多い です。

ちょっとやそっと攻めたくらいでは快感とまではいきませんが、ココを開発されている女性は、おっぱいの感度も増し性感帯として強い刺激を感じる事が出来ます。

胸の大小は関係ありませんが、スペンス乳腺への刺激は豊胸効果もある!? といわれています。

胸のGスポットは全ての女性にあるわけではない

スペンス乳腺あたりを責めると女性はたいてい次のような反応をすることが多いと思います。
「感じる」「くすぐったい」「くすぐったさと気持ち良さの両方を感じる」
中にも「何も感じない」という人もいるでしょう。

多くは最初の3つのうちのどれかです。くすぐったさを感じているのは、胸のGスポットが未開発である可能性が高いです。

未開発の場合、開発が進めばとても感度が良く気持ち良くなるのですが、ココの開発は膣のGスポットの開発よりもはるかに時間がかかります

くすぐったいが過ぎて触られるのを極端に嫌がる女性も開発は不可能ですし、そもそもくすぐったさすら感じない人も開発は難しいかもしれません。

諦めずにじっくりゆっくり回数と時間をかけて責めてあげれる男性だけが女性の胸のGスポットの開発をしてあげる事が出来るのです。

膣のGスポットも、全ての女性にあるわけではありません。胸のGスポットも同じです。

そもそも「女はココが感じる」という意識こそナンセンス

他の人と一味違う愛撫をしたいなら、目の前の女性がどこを感じるのか、色々な可能性を考えながらゆっくりじっくり研究していく必要があります。

スペンス乳腺の正しい攻め方

スペンス乳腺の正しい攻め方、とはいえ、ポイントを愛撫するという事だけなのですが・・・。激しい愛撫は開発になりません。

優しく丁寧に触る事が大切です。乳房を持ち上げるように持ち、胸を中央に寄せるように圧迫します。
中指と人差し指をスペイン乳腺尾部に当てるように小さい円を描くようなイメージで。
乳房への優しい愛撫はエッチな気分を高めるのにも効果的 です。

舌で愛撫するときは乳房側面のラインをなぞるように愛撫していきます。脇下らへんでは強めに愛撫しても良いと思います。

指でもフェザータッチで愛撫していきます。くすぐったがる女性相手ではなかなか難しいですが、出来る限り「点」ではなく「面」で攻めるようにすると、くすぐったさが軽減 されます。

振動なども効果的ですが、これは人によるので反応を見ながら攻め方を変えていきましょう。

この時、乳首を同時に攻めるのは良くない です。
乳首はほとんどの女性が強く刺激を感じます。乳首への刺激が強いのでGスポットへの刺激が薄れてしまうのです。
焦らす意味も込めて同時攻めは胸のGスポット開発中に関してだけはご法度です。

乳首とクリ、指入れしながらスペイン乳腺の刺激などの同時攻めはOKです。

開発に時間がかかるため、女性にいつまでおっぱい触ってるの?と思われるかもしれません。
そんな時はマッサージがてら開発 しても良いかもしれませんね。

デリヘル嬢と風俗嬢の本音が知りたい・・・

今まで何となく聞きづらかった風俗のこと、風俗嬢のこと・・・。

今はネットで色んな現役・元風俗嬢がどんな悩みや本音を語っています。果たしてどんな本音が聞けるのでしょうか?

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト